サクソフォン四重奏

 ソレイユ カルテット 2020

Soleil Quartet

1998年結成。

1999年5月に静岡音楽館AOI、西国分寺いずみホールでデビューリサイタルを行って以来、各地で演奏活動を展開中。

クラシック、ジャズなどのジャンルにこだわらずその活動はすべての音楽が等価値であり、そのためにコンサートの内容もクラシックの名曲からジャズ、果ては歌謡曲までと幅広い。「本物は普遍であり不変」というモットーに基づき、サクソフォンという楽器の可能性を追い、またサクソフォンを通してより多くの人々に音楽でメッセージを届けることを目標にしている。
「ソレイユ」とはフランス語で『太陽』の意。「聴きに来てくださるお客様の心の太陽でありたい」という願いを込めての名前である。

 

第1回ギュスターヴ・ブンケ国際サクソフォンコンクール(ドイツ)特別賞受賞

第6回大阪国際音楽コンクール室内楽部門第3位受賞

第6回日本アンサンブルコンクール室内楽部門入選